クオカード併用できる?移行は?疑問解決クオカードペイの使い方まとめ

QUOカードPayコード決済
スポンサーリンク

プリペイド式カードとしてお馴染みのクオカード。
もらったけど使っていないクオカードが眠っている。という方も少なくないのかもしれません。

『カードを持っているからペイも使ってみたい』
『クオカードがペイアプリで使えるの?』
など疑問や興味を持たれている方に向け、この記事ではクオカードペイについて紹介していきたいと思います。

クオカードペイについて

『〜ペイ』と聞くと、
アプリをダウンロードして・・
残高にチャージして・・
お店でQRコード見せて・・
などイメージすると思われますが、『QUOカードPay(クオカードペイ)』は少し違います。

クオカードペイとは

クオカードペイには事前に使う分だけチャージする、事後に使った分だけ引き落とされる、と言った機能がありません。

キャンペーン応募でクオカードペイ1000円分が当選したとします。
キャンペーンで受け取ったURLから専用ページにアクセスして、バーコードページを見せるだけでお会計が済んでしまいます。
他の●●ペイ同様にスマホアプリもあるにはありますが、必ずしもスマホアプリを必要としている訳ではありません。

受け取った金額だけしか使えないので、例えば、1000円分を受け取ったら1000円使い切ったらお終いです。
会計時の不足分は現金で補えますが、無人のレジや券売機ですと現金併用での支払いは出来ない場合もあるので注意が必要です。

ちなみに、複数のキャンペーンで複数のクオカードペイを受け取っていた場合は、アプリを利用すれば残高を合算することが出来ます。

クオカードとの違い

クオカードはプリペイド式のカードです。
プリペイド式のカードとはコンビニなどで購入出来る、App Store & iTunesギフトカードやGoogle Playギフトカードの様な、あらかじめ決まった金額分だけ利用出来るカードのことです。
カードに使用期限はありませんが、合算やチャージはできません。

複数合算使用期限
クオカード×
クオカードペイ

・物理カードを持ち歩く必要がなくなりスマホ一つで済むようになった
・アプリを通じて合算出来る様になった
・カードにはなかった使用期限が設けられた
・プリペイド式クオカード残高をクオカードペイに移すことは出来ない

以上がカードとペイの大きな違いです。
仕組みでしたり、使えるお店、使用期限の有無、移行・併用・統合不可、と名前は似ていますが、互換性の無い全く別のサービスとなります。

スポンサーリンク

クオカードペイを始めてみる

カードとの互換性はなくても、キャンペーン用としてスマホに準備しておいても便利なので使い方をチェックしていきます!

専用URLを受け取った場合

キャンペーンなどに当選してURLを受け取ります。

①URLへアクセス
②お店でバーコードを読み取ってもらう

これだけ完了!余計な登録など不要です。
あらかじめページをブックマークしておくとスムーズです

バリューコードを受け取った場合

キャンペーンなどでバリューコード(メールなどで受け取った16桁の英数字の組み合わせ)を受け取ります。
※バリューコードの入力はアプリが必要

①(アプリ画面下)コード入力をタップ
②バリューコードを入力→確定
③チャージされるのでお支払いへ

アプリを利用する場合

①アプリをダウンロードして起動する
②アカウント登録の為、メールアドレスを入力→送信

メアド認証画面

③メールに送られた認証コードを入力→送信
④登録完了

アカウント登録で必要なのはメールアドレスだけです!

クオカードペイの使用期限

クオカードペイの使用期限は、バリューコードの発行日から3年を経過する日までとなります(一部のバリューコードは有効期間が3年未満となる場合もあります)
有効期限が経過したバリューコードは利用出来ないので気をつけましょう。

活用方法

事前チャージの出来ないクオカードペイではありますが、よくある●●ペイとは違った方法で活躍します

キャンペーン用として

過去にはユニクロが10000円以上購入でクオカードペイ1,000円分もらえるキャンペーンを実施していました。
クレジットカードのポイント交換先としてクオカードペイを選べるサービスもあります。

クオカードペイのサイトには各企業におけるキャンペーンがまとめてあります。当選した時の為にあらかじめ準備しておいても良いのかもしれません。

クレジットカードポイント交換先として

クレジットカード会社のポイント交換先としてクオカードペイが選べる会社もあります。
ポイント交換には期限があるので迷わず交換する際の受け皿として、クオカードペイを活用するのも便利です!

スポンサーリンク

クオカードペイが使えるお店

クオカードペイが使える代表的なお店です。(一部店舗を除く)
現金等との併用での支払いができない店舗もあります。
最新の情報はこちらからご確認ください。

コンビニエンスストア

ローソン
ローソンストア100
ナチュラルローソン
ミニストップ

ドラッグストア・スーパー

サンドラッグ
スギ薬局
ゲンキー
ベルク

飲食店

ウェンディーズ・ファーストキッチン
松のや・松乃家
松そば
ステーキ屋松
松屋
吉野家
上島珈琲店
エクセルシオールカフェ
ドトールコーヒーショップ
和民
三代目鳥メロ
旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ

ファッション店

P.S.F.A
THE SUIT COMPANY
洋服の青山
ユニクロ
GU

書店

紀伊國屋書店
啓文堂書店
ブックファースト
丸善 ジュンク堂書店
有隣堂

家電量販店

エディオン
ケーズデンキ

その他店舗・施設

ホームセンターコーナン
HMV
東急ハンズ
メガネの田中
聞こえの田中
山野楽器
NEXCO西日本管内のサービスエリア・パーキングエリア
トイザらス
ベビーザらス
Honda Dream

まとめ

QUOカードペイと言う名称ながらプリペイド式QUOカードとの関連性はありません。
仕方ないと言えば仕方ないですが名称から少し期待してしまいました。

残高を気軽にチャージが出来るわけでもなく、スマホで相手に贈れるのも謳っていますが、個人間での送金ならLINEなど他のサービスの方が便利だと思いますし、貰う側もそちらの方が使い勝手も良いのかもしれません。

私はクレジットカードポイントの交換先として利用していますが、最近はフォローやリツイートするだけで簡単にキャンペーン応募できるので、キャンペーン受け取り用として待機させておくのも良いでしょう。
多くの企業が採用し、当たりやすいキャンペーンが増えて、クオカードペイの活躍の場が更に広がることを期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました